ぼくが熱中した!

とある団地のリング状道路の謎

_DSC2234

いままでありそうでなかった素晴らしい団地本が出た。これは楽しいぞ。

■『いえ 団地 まち——公団住宅 設計計画史』(住まい学大系103)
■木下庸子 植田 実 著/住まいの図書館出版局/2014年
本書には、UR都市機構で都市デザインチームのリーダーを務めた建築家である木下庸子さんが選んだ名団地55が紹介されている。出版社のページで見ていただきたいのだが、おもしろい選定だ。ご存じ団地界のキング高島平団地から、先日建て替えのために更地になった阿佐ヶ谷住宅は順当だ。大阪の住吉団地が取り上げられてるのはうれしい。だがなぜかぼくの実家そばの市川中山団地が登場しててびっくりした。いやぼくあの団地好きだけどふつう団地選ぶときにランクインしないよあれ。

このラインナップの不思議さこそがこの本の内容そのものなのだ。じつはこの本、団地のレイアウトを論じたものなのだ。これはすごい。これを読むと、団地とは棟ではなく、並び方なんだな!ということがよく分かる。そして実際に訪れてみたくなる。こんな本はいままでなかった。

われら「団地団」は規格だいすき!大量生産ばんざい!という趣味から団地を愛でていて「むしろ棟のデザインが同じなのがかっこいいんじゃないか!」と主張してきた。で、この本を読んで、そうかその標準化によって、それが建つ環境に対応する方に力を注げるようになったのだな、ということを実感。

「どれも同じ」「無個性」などといわれがちな団地だが、スケールを変えてレイアウトの観点から見ると、むしろ団地ほどひとつとして同じものはないものもない。考えてみれば「団地」という言葉の意味はまさに「団」であって、その定義からしてレイアウトのことをいっているのだ。続きを読む

九龍城を見たかった人たちへ贈る〜「香港ルーフトップ」がすばらしすぎる!〜



すばらしい本がでた!これは今年最高の写真集だ。いや、ただの写真集ではない。すごいぞ。

この『香港ルーフトップ』、元になった本は "Portraits From Above" という原題で2008年にドイツで出版されている。今回めでたく日本語版ができたというわけ。著者のふたり Rufina Wu と Stefan Canham は "WYNG Masters Award" という賞をこれで受賞している

さて、そのタイトルの通り、これは香港のビル屋上に建てられた家屋についての本だ。何年か前に海外ニュースで話題になった(CNN記事)のでご存じの方も多いと思う。もちろん香港に行ったことのある方なら「ああ、あれね」と思い浮かぶだろう。ビル屋上に自前で違法に建築された住宅のことだ。それらがレポートされているのだが、その写真と図がすてきすぎるのだ。続きを読む

「屋上バレー」は何になった?




ここ数日、ビルの屋上について考えていた。なぜかというと "Portraits from Above: Hong Kong's Informal Rooftop Communities" という、香港のビルの屋上に建てられた違法建築についての本が邦訳されるにあたり、その解説とオビ文を依頼されたからだ。本の解説なんて初めて。光栄です。

原著をじっくりと読んだのだが、ほんとうにすてきな本で、日本版の発売が楽しみだ。おそらく今月中には本屋に並ぶと思うのでみなさんぜひ!(追記:ついに出版されました!→『九龍城を見たかった人たちへ贈る〜「香港ルーフトップ」がすばらしすぎる!〜』)この屋上家屋についてはCNNのニュースで話題になったのでご存じの方も多いと思う。どういうものなのか詳しくは発売を待って欲しい。ほんとお勧め。すでに今年のベスト本かもしれない。


■「昼休み屋上でバレー」の謎

で、日本の屋上についても考えたのだ。解説でも触れたのだが、日本の屋上家屋といえば「山岡士郎の家」だ。

続きを読む

地形が地上絵を描かせる〜2014年の地上絵描き初め「馬込馬」レポート〜




今年も執り行いました「地上絵描き初め」。馬込に干支である馬の絵を。



募集したところ集まってくれたもの好きな方々。集合場所の西馬込駅に40名。回を追うごとに増えていっております。

「地上絵描き初め」とは、GPS地上絵の描き初め版。GPS地上絵とはなにかというとGPSロガーを持って、あらかじめ「設計」されたルートに従っててくてく歩くと、そのデータが絵になる、という遊び。本気のロガーは高いけど"RunKeeper"などのログが取れるアプリがあり、以前に比べて多くの人と楽しめるようになりました。いい時代になった。

当「熱中ブログ」でも、これまで成増にタイヤキの絵を描いたり大阪で子ゾウを描いたりした様子をレポートしてきました。これまで描いたものたちはこちらにまとめてあります。

年明けにその年の干支を描く「地上絵描き初め」は今年で4回目。2011年は本郷にウサギを、2012年辰年には目黒にタツノオトシゴを、そして昨年は蛇崩れにヘビを描きました。

そして今回は馬。それが冒頭の絵です。まずはとにかくその成果をご覧いただきましょう。続きを読む

「あだち去(ざり)」を数えてみた

title

今回はいつもとちょっと、いやかなり毛色の違う記事をお届けしよう。無駄に力作となりました。

■命名:「あだち去」

おそらく、ぼくの年代の人間はあだち充のマンガをどこかで必ず読んでいるはずだ。たとえば「タッチ」の連載は1981年〜1986年で、テレビアニメの放送は1985〜1987年が最初。ちょうど中学生のぼくもよく見ていた。

3歳離れた妹はあだち充作品が好きで、おそらくほとんどの単行本を持っているのではないかと思う。ぼくがちゃんとあだち充作品を読んだのは、大学生ぐらいの頃妹に借りた時だ。

で、先日とあるきっかけがあって、あだち充作品をあらためて読み返してみてふと気がついた。あだち充の作品には登場人物が去り際にこういうポーズとることが多い。


(あだち充『スローステップ』単行本第5巻112ページ)

この姿のことだ。後ろ姿で、片手だけを上に上げ、もう一方の腕は降ろしたままかあるいはポケットに。特に後ろポケットに入れているとあだち充度が高い。上げている手の指は描かれない(ミトンの手袋状に省略されている)

と言われてもなんのことやら、とか、そうかあ?などと思う方はそっとブラウザを閉じてください。以下このポーズの画像しか出てきませんので。「あー!わかるわかる!」という方だけ以下読み進めてみてください。続きを読む
  • ライブドアブログ