すてきな熱中人さんの本

2016年 暫定ベスト! 松田浩一『香港路面電車』



同じものをひたすら撮らせる「うまくならない写真ワークショップ」に参加してくれた友人から「大山さん好きそう」と紹介してもらった写真展。行ってみて感動。好き。好きに決まってる。すばらしい! みんなも絶対見た方がいい。



ギャラリーの場所は、数寄屋橋交差点から高速道路の高架下「銀座ファイブ」に入って2階。すこし新橋方向に行って右側。Googleマップで示すとここ

残念ながら、会期がこれ書いてる時点で明後日木曜日までなのですが、これは必見です。いつも紹介するのが遅くて申し訳ない。

_DSC7335

タイトルの通り香港の路面電車を撮ったもの。ただ、その撮り方がすばらしい。終点に停まっている状態(つまり背景が全部一緒!)を真横から、画面いっぱいに、午後1時〜の同じ光の状態で撮ったもの。2年間あまり通った成果だという。

_DSC7342

_DSC7345
続きを読む

「珍寺大道場大博覧会」が楽しすぎた!

title

会期が終了してしまったあとになってすごく残念なのだが(すみません)、「珍寺大道場大博覧会」がすばらしく楽しすぎたのでご紹介したい。

「珍寺大道場大博覧会」とはすばらしいウェブサイト「珍寺大道場」が満を持して開催した写真展だ。原宿のデザインフェスタギャラリーで2015年の6月19日〜21日に行われた。

その名の通り変な寺社仏閣を訪ねて紹介しているこの「珍寺大道場」、開設はなんと1997年。その歴史、質、量いずれにおいても日本のインターネット文化を語る上で欠かせないものだ。いまでこそ変わった仏像や寺をめぐる趣味はしられているが、それを広めたパイオニアの一人である。ぼくも以前から大ファンで、尊敬しているサイトのひとつだ。

リンク先ご覧いただくと分かるが、すごい。濃い。でも小難しいマニアックな情報ではなく、ひたすら楽しんでいる様子が書かれている。これほんとにすばらしいことだと思う。でもときどき「胎内巡りこそが旧来と現代の大仏、大観音を分ける分水嶺」などと「なるほど!」と唸らされることもちりばめられていて油断できない。ほんと日本の宝ですよこのサイト。続きを読む

理解するとかしないとかじゃない 〜「愛する人に東横インをプレゼントしよう」を読んで〜

pants


さきごろ出版された「愛する人に東横インをプレゼントしよう 〜24歳女子の逆プロポーズ大作戦!!」を読み、出版記念イベントにも行ってきました。そこで思ったことをちょっと書きます。2つあって、ひとつは「理解するとかしないとかじゃないよな」って話と、もうひとつは「恋愛はマーケティングじゃない」ってことです。お、それっぽいこと言い始めたぞぼく。


■「好き」はコミュニケーション終了の言葉

この本は、盛大に話題になった同名のエントリ「愛する人に東横インをプレゼントしよう」の書籍化だ。著者のやっぱりぱんつさんが、東横インが「好き」だという彼のためにその建築模型をプレゼントしてプロポーズをした、という話。「え、東横インが……好き?……」っていう部分にひっかかる方は、上記エントリやまとめサイトなどを読んでみてください。説明ややこしい。続きを読む

【後編】次のコミケに絶対行かなければならない12の理由〜すてきな同人誌紹介

前編はこちら

title2

前エントリに引き続き、前回のコミケ(2013年冬)と今回(2014年夏)出会ったちょうすてきな同人誌をご紹介しよう。テーマは「本格写真集編」だ。


■なんというハイクオリティのかわいらしさ!「屋上遊園地」「公園遊具」

_DSC5412

今夏のコミケを楽しみにしていた理由のひとつが屋上写真家フジオパンダさんのこの「屋上遊園地」だ。個人的にここのところ屋上に興味津々だったこともあり、ぜひお合いしたいと思ってコミケ会場内を訪ねたのが、フジオさん大人気でお客さんが絶えることなく、すこししかお話できなかった。残念。続きを読む

次のコミケに絶対行かなければならない12の理由〜すてきな同人誌紹介



2011年にはじめて工場写真集同人誌を作ってコミケに参加してみて、それから夏と冬と毎回参加してます。もちろん今年の夏も

同人誌即売会の一番の楽しみは工場好きやジャンクション好きの方々に直接お会いできるってことなんですが(もちろん全国で何千部も売れる商業出版のほうが、多くの人に見てもらう喜びはありますが直接お会いすることができない)、もうひとつは同じようにサークル参加している方々と知り合えること。そこで今回は前回(2013年冬)と今回(2014年夏)出会ったちょうすてきな同人誌をご紹介しよう。

コミケって言うと、なにかと成人向け二次創作が話題になりがちですが、実はその他いろいろなジャンルの同人誌が並べられているのですよ。今まで縁がなかった方でも、ぼくが書くこのブログを読むような趣味の持ち主なら必ず心打たれる1冊に出逢えること間違いないので、次回(2014年12月28日(日)~30日(火)ビッグサイトにて開催予定)ぜひ足を運んでみてください。


■写真・テキストのハイクオリティ「東京エスカレーター」
_DSC5410続きを読む
  • ライブドアブログ