すてきな熱中サイトみつけたよ

「駅もれ」がほんとおもしろい。そして悔しい。

ぼくが個人サイトを開いた当時、2002年ごろはどこを見てもおもしろかった。ぼくの団地のサイトのように、偏愛ぶりをいかんなく発揮するところが目立った。

そのころはブログもまだ普及しておらず、SNSなんてものは当然無かった。当時はページのデザインを自分でして、HTMLも自分で書いたものだ。そんな労力をかけてわざわざサイトを作ろうって人は、とにかくみんなに見せたくてしょうがないネタを持っていた。だから結果的にどのサイトもおもしろかったのだ。

…なんてじじいの繰り言みたいなことを言ったのは、最近知ったあるサイトが、そのころを思い出させる、とてもおもしろいサイトを見つけて、当時を思い出したからだ。そのサイトは「駅もれ」だ。

50

もう、ほんとおもしろい。そして悔しい。やられた!

サイト主の@ekimoreさんによれば、「駅もれ」とは、『駅構内の雨漏り•漏水の対策』のこと。主に地下鉄でよく見られる(地中に空間を掘るということは、ほぼ漏れてくる地下水との戦いと同義なのだ)下記のようなもののこと。

58
↑サイト内『四ッ谷駅 「ランプシェード」』より

こういうの、よく見るよね。

こういう、みんな言われてみれば、ああ、あるねえ!と思うけど、その1分後にはもう忘れちゃうようなものをしつこく集めて並べてみる、というのがぼくは大好きなのだ。@ekimoreさんには心からの尊敬と嫉妬をお送りしたい。すばらしい。

いちどこういうすてきなこころみを知ってしまうと、もう「1分後に忘れる」ということができなくなってしまう。ぼくも先日打ち合わせに出かけた際、代々木駅で「駅もれ」を見つけて、その場で@ekimoreさんにお知らせしたぐらいだ。



↑Twitterで通報。便利な世の中になった。

で、その日のうちに「駅もれ」に掲載された

ぼくは個人サイト華やかな時代の「誰でも世界中にパブリッシュできることへの興奮」が忘れられなくて、いまだにインターネットってのはそのためにあるものと思っている。その意味からも、この「駅もれ」はすばらしい。インターネット万歳。


時刻表表紙アーカイブに夢中になった!

やっぱり鉄道趣味って奥が深いなあ!

P5180498

先日、仕事でJTBさんのビルにお邪魔した際に、おもわず興奮してしまったことがある。エントランスに時刻表の表紙がだーっつと飾ってあったのだ。

どうやら歴代の時刻表のようだ。すごく古いものから最近のものまで。

P5180499
↑これは比較的最近のものだね。1980年代だ。って、ぜんぜん最近じゃないか。でもまあ今の時刻表の表紙デザインとテイストは変わらない気がする。
続きを読む

ソフトクリームの、あれ。『ソフ地図』

sof


ぼくのすきなデザイナーの名久井直子さんのサイト『ソフ地図』。ソフトクリーム売ってるお店の前に置いてある、でっかいソフトクリーム型の看板(?)の写真をあつめたものだ。ご本人が見つけたものもあるけど、投稿がたくさん。

これがめっぽう愉快。

どれもおなじ、と思うなかれ。思いの外千差万別。海外からの投稿もあって、まあ海の向こうのソフは違っててあたりまえだよね、って思うんだけど、国内産もバリエーション豊か。もの自体は同じ形状でも、置かれてるシチュエーションの違いが味わい深いんだよね。

ときどき独自のかっこうしたやつもいる。だいたいが「なんでそんなカスタマイズを…」っていうもの。たとえば

20091106_467587
↑なんで顔描いた…

これ、じつはぼくが投稿したもの。さすが鶴橋、としか言いようがない。

みんなもソフみつけたら投稿してみよう。





「みんなの冷蔵庫の中見てみたい!」

先日twitterで「みんなの冷蔵庫の中見てみたい!」とつぶやいたところ、たくさんの方々が見せてくれた。これがものすごく面白かった。



上がそのときの記録。もう、千差万別。賛同してくださった方々に独身が多いせいか、全体的に入っているものが少ない印象。あと、冷蔵庫のCMで見るような「キャベツがドン!」っていう冷蔵庫風景はほとんどなくて、ビンやタッパーが多い。ぼくらの食生活はパッケージ商品でできているんだなあ。

で、「たしか冷蔵庫の中の写真撮っている人いたなあ」と思い出した。まずはその名も「冷蔵庫」という写真集を出している潮田登久子さん。

_DSC5441


とてもすてきな写真集。中身は、冷蔵庫が置かれている台所などの空間の写真と、同じアングルで扉を開けたようすの2枚が見開きで並べられている。

_DSC5443

小さいのと大きいの2台体制。全体見てると、こういうふうにドアにいろいろ磁石で貼ってる例が思ったより少なくてびっくりした。

_DSC5445

上記のみんなにポストしてもらったもののように、とても整理されている。あと、主に80年代後半から90年代前半に撮影したものがおさめられているんだけど、これなんか冷蔵庫のデザインが「ザ・80年代」ってかんじでとてもキュート。いまこういう濃いめの色ってあまり見ない気がする。

_DSC5446

このすごい縦長の扉もすごい。あったなあ、こういうの。あと、横の食器棚がなんだかすてき。

それにしても、なんでしょうこのどきどき。上で『親に「人ん家に行ったときは勝手に冷蔵庫とか開けるんじゃありません!」と教えられた』とおっしゃっている方がいたけど、まさに冷蔵庫の中って「プライベート」だってことなんでしょうね。でも、並べられているものはべつにふつうなのがまたおもしろい。誰もがスーパーで買えるものだからね。そうそう、じぶんちと同じものが入っているとみょうにうれしいのもふしぎ。

で、このような冷蔵庫写真撮っているのはこの方だけではないです。

inyourf

"in your fridge" というシリーズタイトルで、冷蔵庫の中身と、その持ち主をならべて見せている Stephonie de Rouge という写真家さん。じっとみてると、根拠なく「ああ、いかにもこの人らしい」って思ってしまうのが不思議。

Stephonie de Rougeさんはこのほかに部屋の中を撮った"in your room"や、自分の住んでいる家の屋上で撮った"on your roof" などとてもすてきなシリーズ撮ってます。写真集欲しいなあ。

あとは、これはいかにもネット文化っぽい"Fridgewatcher" これキュート!
fw


ぼくがやったように、自分の冷蔵庫の中撮ってもらって投稿してもらったものを紹介しているサイト。いいなあ、こういうの。すばらしい。

twitterでの「冷蔵庫見せてください」 #myFridge は定期的にやろうと思います。きっと季節によってだいぶ変わってくると思う。あるいは自分の冷蔵庫を死ぬまで定点観測、っていうのもおもしろいと思う。結婚、子供が生まれて、ってずいぶんちがってくるんだろうなー。





表現がものすごくおもしろい『吊革ブログ』

tsurikawa


ぼくの大好きなサイトです。

吊革ブログ

このブログに出会ってから、電車に乗ると吊革をつい確認してしまいます。

「都営大江戸線と同じ形です」とか「北総鉄道北総線のつり革にもどことなく似ています」とか、さらりと書いてあって、すごいなあ、と思います。あと「無限の可能性を感じさせてくれる逸品です」とか「圧倒的戦力で車両を支配するつり革」とか、表現がものすごくおもしろい!

いつまでも末永く更新し続けてほしいすばらしいサイトです。
  • ライブドアブログ