熱中人さんとやってみた

屋根なし2階建てバスで首都高をぐるぐる!

shtkgrgr2


■ひとりぼっちじゃないよ!

ぼくは『ジャンクション』なんて写真集を出しちゃうぐらい、立体交差に熱中しているわけですが、こういう趣味を持っているのはぼくだけではない。ほんとですって。ひとりぼっちじゃないよ!

オープントップ二階建バスを貸し切って、首都高の二層になった上の段の橋桁の裏を眺めるツアーって面白そう。そうでもないです? RT @orange_Q 面白そう RT http://bit.ly/cs8dpl RT @perudomingo スカイバスで首都高へ。箱崎入り口13 Aug via web Favorite Retweet Reply



ほら、こういうことを考える人がいるんです!ぼくのほかにも。

これはぼくの知り合いの、箱崎さん。上のように、twitterでも@hakozakiと名乗る彼、この名前はいわゆるハンドルネームというやつで、本名ではない。そう、「箱崎」といえば箱崎ジャンクション!このネーミングからもわかるように、彼もまた「ジャンキー」(ジャンクション好きのこと。ぼくが勝手にそう名付けた)なのだ。

ここで彼が言っている「オープントップ二階建バス」というのは、これ↓
SDIM1885

2階建てで、屋根がない!

SDIM1882

乗ると、こんな感じ。うひょー!高い!

これはSKYバスという乗り物で、毎日定期観光コースを運行しているんだけど、貸し切りもできる。箱崎さんは、そこに目をつけたわけだ!慧眼とはこういうことをいうのだ。すばらしい!

とてもすばらしいと思ったので、ぼくはすぐさまリプライしました。

やるやる! RT @kakuyodo: 山手トンネルの天井ギリギリを攻めてみたいw RT @hakozaki: @roadjapan やりましょ…う? 人あつまるかな? コースも練りたいですね。RT すごくやりたいです。RT 二階建バスを貸し切って、首都高の橋桁の裏を眺める14 Aug via Saezuri Favorite Retweet Reply



で、さっそく参加者を募り、実施したのです。冒頭で「ぼくだけじゃないんです!」なんて息巻いたけど、じっさい集まるかどうかちょっぴり不安だった。貸し切り料金を参加者人数で頭割りすることになっていたので、箱崎さんとぼくだけ、とかになるとたいへんな出費だ。

dpzまあ、そんな心配は杞憂にすぎず、実際には告知からものの1時間ほどで定員いっぱい。ほくほく顔で第1回を執り行った。その様子は←に書きました。【ニフティ デイリーポータルZ | 『首都高をジェットコースターで走る』

このときは、最近できた大橋ジャンクションと山手トンネルを堪能するコースを選んだのですが、やはり首都高と言えば環状線。"ザ・トーキョー"とも言えるここを文字通りぐるぐる走りたい。それにこの1回目でざんねんながら定員からあふれてしまった方々にもチャンスを、ということですぐに第2回を執り行ったしだい。

ほらね、ぼくひとりぼっちじゃないでしょ!

■みんな大興奮!続きを読む

みんなで自転車にのって東京モノレールの下を走った!【高架橋脚ファンクラブ〜その4】


→その1はこちら
→その2はこちら
→その3はこちら

■いよいよあたりが空港らしくなってきましたよ
【なんだか風景が、ぐっとだだっぴろくなった】

こうやってずっとモノレール沿いに走ってみると、その景色の変わりようがじつに面白い。とくにこの羽田空港近く、大田区の町工場や住宅が広がるエリアから空港に近づくと、がらりと雰囲気が変化する。ぐっと自分が小さくなった感じ。

【空港敷地の手前でふたたび地下にずんと入っていくモノレール。みんな自転車を降りて見入る。】


【場所はここ。前回で地下に潜ったモノレールはそのあと地上に出るのだが、ざんねんながらその脇には道路がないので併走できない。ふたたび出会ったとおもったら、またこうやって地下に。むむうー。大きな地図で見る

だだっぴろい風景の中をずんずん走っていくと(愛でるべき橋脚がないのでスピードが速い)、新しくできた国際線ターミナルに到着だ。
【新しくできてから、はじめて来た!】

続きを読む

みんなで自転車にのって東京モノレールの下を走った!【高架橋脚ファンクラブ〜その3】


→その1はこちら
→その2はこちら


■モノレールの操車場ってあるのね!そりゃそうか!

【↑「あれはなに?」「どれどれ?」わあわあ。なにかをみつけた一行】

【↑覗いてみたら、そこはモノレールの操車場。おおー、はじめて見た。こんなところにあるのね】

昭和島に渡ってほどなくしたところで、一行のあいだにざわめきが走った。なにやら柵越しに覗いている。なんだなんだ。

見てみたら、そこはモノレールの操車場。そうか、モノレールにも操車場ってあるのか。そりゃそうか。


【↑ここ。地図で見ると昭和島の大部分がこの操車場だ。「操車場島」と呼びたい(より大きな地図で表示)】

地上にこうやってモノレールが静かに停まってると、なんかへんな感じ。すごく変。つまり、気づかされたのはモノレールって高架に載ってる姿が見慣れた状態ってことだ。あたりまえなんだけど。

【↑それにしてもガブリより過ぎやしませんか】


■大田区・モノレールは地下へ。そして警官だらけ!
続きを読む

みんなで自転車にのって東京モノレールの下を走った!【高架橋脚ファンクラブ〜その2】


【その1】はこちら

■けなげだ!モノレールって!

さて、芝浦周辺を抜けると次はひろい運河沿いのエリアに出る。モノレールの駅でいうと、天王洲アイルのあたりだ。

ここらへんの風景は、モノレールの車窓から見て印象深いのではないだろうか。浜松町を出て、ビルの谷間をくねくね行った後、ぱっと視界が開ける。そこには運河が。とてもメリハリのある車窓風景展開だ。

上の写真の橋脚がまたいい。首都高の横に寄り添うように水の中にちょこんと脚を降ろす。キュート。

そしてこのエリアのモノレールは、とても苦労しているのだ。自転車で走ってはじめて気がついたのだが、アップダウンが激しい。

【お分かりいただけるだろうか?橋をまたぐために、よっこらしょとモノレールの高度が上がっているのが。】

ぼくは鉄道については詳しくないのだが、このアップダウンの激しさはおそらくふつうの電車では対応できないのだろう。モノレールならではなのだと思う。上の写真のように、道路をまたぐためにぐいっと持ち上がったかと思えば、同じく道路を避けるために地下にもぐったりする。

けなげだ。モノレールってけなげだ!

乗ってしまうとあまり分からないが、こうやって下から見るとそのがんばりっぷりがよくわかる。ほんと、とにかくモノレールって上下左右にぐにゃぐにゃしてる。

■けなげさを支えているのが橋脚なんだぜ!
続きを読む

みんなで自転車にのって東京モノレールの下を走った!【高架橋脚ファンクラブ〜その1】

_DSC9424


■「高架橋脚ファンクラブ」!

羽田空港に到着して、東京モノレールに乗る。その車窓からの眺めを見ると「ああ、東京に帰ってきたなあ」と思う。そういうかたは多いんじゃないだろうか。見えるのはもっぱら倉庫街や水路で、それは「東京」と聞いて思い浮かぶ風景とは異なるけれど。水面にもぐったり出たり。かと思えばビルの谷間の高いところをうねうねと進む。あの高低差はちょっと不思議な体験だ。

_DSC9668【←右:「高架橋脚ファンクラブ」会長の田村さん。中央:書記長(なぜ書記長?)の太田さん。中央手前:ファンクラブの旗。すてき。】

さて今回の「熱中人」は高架橋脚に熱中している田村さんと太田さん。共に、『高架橋脚ファンクラブ』なる組織の「会長」と「書記長」だ。【→高架橋脚ファンクラブのウェブサイト

(というか、なんで太田さん「書記長」なの?なんで「副会長」じゃないんだ?)

そう、おふたりは、鉄道や道路のあの高架を支える脚の素敵さに魅入られた方々なのだ。素敵なのだよ、高架橋脚は。どれも同じだと思ったら大間違いだぜ。ひとりとして同じ子はいない。それが高架橋脚だ。

脚を下ろせる土地の大きさや地下に埋まっているインフラとの兼ね合い、および上に乗る桁に求められる条件などによってまったく違うのだよ!

なんでこんなに熱心に説明しているのかというと、ぼくもこの「高架橋脚ファンクラブ」の一員だからだよ!

_DSC9410【←20人分の自転車をレンタルした。ただモノレールの下を走るために!】

で、冒頭の東京モノレールの話はなんなのかというと、この田村会長曰く、「橋脚の中でも東京モノレールのそれはかっこいい!」んだそうだ。ほほう。で、ご自身はすでにいちど東京モノレールに沿って自転車で浜松町から羽田空港まで行っている

そう、モノレールに乗ってしまっては橋脚は見えない。高架の下を行かねばその素敵な姿をうっとりと鑑賞することはできない。だからモノレールに乗らずに、その脇をずっと走る。橋脚見るために。楽しそうだ!楽しそうでしょ?ね?

ということで、今回ふたたび端から端まで東京モノレールに沿って走ってみようではないか、となった。せっかくならみんなで。そう、みんなで。

_DSC9646
【↑これは夕日に染まるゴール羽田空港の橋脚と参加者のみなさん。楽しかった!】


続きを読む
  • ライブドアブログ