名称未設定-1


前回香川県と岡山県のモダニズム市庁舎がいかにすてきだったか、をお届けしたが今回はその続き。

高層団地の祖であり戦後日本建築をリードした前川國男の現存する建築が岡山にはもうひとつある。岡山県天神山文化プラザがそれだ。


かわいい。形もすてきだけど、裏が黄色いっていうのもかわいいし、あとこの「ガケンチク」(崖に建つ建築をこう言います)っぷりにぐっとくる。

近づいて階段部分を見上げる。これも香川県庁舎のものと同じように柱で支えてない。重厚だけど浮遊感ある。かっこいい。

_DSC7334
やっぱりこのかくかくした様子に引かれる。マッシブだけど繊細。コンクリート万歳。

1962年にできたこの建物、こちらも現役。ぼくが訪ねたときは高校生たちが演劇の発表か何かをやっていた。前川建築で部活。なんという青春。


こちらもやはり柱で建築がぐいと持ち上げられている。岡山県庁舎と同じようにそのピロティ部分を奥に行くと、吹き抜けがあった。そしてそこにある壁面彫刻がまた素敵だった。


それがこれ。時代を感じる。彫刻についてはまったく疎いけど、建築の雰囲気に良く合っている。

モダニズム建築に特徴的なのは、こういう作品の堂々とした雰囲気だ。巨大なレリーフや壁面絵画などが施されることがよくあって、それが良い感じなのだ。


前回の香川県庁舎のロビーにもこういう大きな壁面作品があった。猪熊弦一郎の作だ。


建物の中入って天井見あげたらそこもすてきだった。三角形に深く掘り込まれてる。かっこいい。



■先日閉館してしまったホテルオークラ東京本館について記事を書いた。取り壊し反対の機運もあったが、結局建て替えられてしまう。

ホテルオークラ東京は1962年にできた。岡山県天神山文化プラザと同じだ。前回紹介した、存続が危ぶまれる香川県立体育館は1964年。香川県庁は1958年、岡山県庁は1957年。

オークラに比べるとこれら香川、岡山のモダニズム建築はよくぞ現役! とうれしくなる。県庁などの公的な建築と比べて民間企業を残すのはたいへんなのだなあ、とあらためて思った。あとはやはり新館増築の敷地的余地もなく、また大規模な建て替え事業をしてもペイできる需要が見込まれる東京という場所柄もある。難儀だ。

とはいえ、ぼく自身の心情で言うと、それほど建て替え反対を主張したいわけでもない。もちろん今回魅入られた建築たちには末永く残ってほしいとは思うけど。よく誤解されるんだけど、ぼくは「古いもの好き」じゃない。

うまく説明するのが難しいし、デリケートな問題なのでへたなことは言いたくないのだが、一点あえて「違和感」を表明しておくとすると、それは「ぼくが建て替えを反対するとしたら、もっと先に主張したい建築がある」ということになるだろうか。

たとえば、今回香川・岡山で愛でたのは巨匠たちの手による有名建築だけではない。以下のような「かわいいビル」も見て回った。



















ぼくはこういう名もなき、でも見れば見るほどかわいらしい、そしてなくなるときはニュースにもならず、ましてや反対運動など起こるはずもなく、人知れず消えていくなんてことないビルを見て回っている。

「なにを残したいか」「何を残すべきか」は自明ではない。だからあなたが「いいな」と思うことをもっと主張すべきだ。どんなに個人的で人に理解されそうにないことでも。ということを言っていきたい、ということです。

なんだかしみったれててよく分からない文章になってしまったが、ようするに香川と岡山楽しかったです、ということです。



香川でいうと、だいたい坂出のコスモ石油の工場が取り壊されてしまっているのがショックだった。瀬戸大橋の車窓から撮ったもの。まったくもって「なにを残したいか」は自明ではない。