title01

友人の三土さんがデイリーポータルZで「パワースポットはどこにあるか」という記事を書いていた。東京都内でパワースポットと称される場所がどのような種類のものであるか集計し、実際そこへいってみて三土さんなりの「なぜそこがパワースポットなのか」という解釈をしたレポートだ。面白かった。ぜひ読んでみてください。

で、この記事に有名なパワースポット・明治神宮の「清正の井」がでてくる。水が湧いている井戸だ。

三土さんがここでとてもおもしろいことを言っている。
ここから湧いた水の流れは、原宿駅をくぐって竹下通りの脇を通り抜け、渋谷を経て海まで続いている。

原宿駅を出て竹下通りの入口ってすごく窪んでるでしょ?あれはこの流れが削ったのだ。
そうそう!竹下通りって、川の跡なんですよね!

pixta_11592292_S

原宿駅から竹下通りを歩いたことがある方は多いと思うが、言われてみれば上の写真のようにがくっと下がってる。その坂を作った流れの水源が駅背後の神宮にあるというわけだ。原宿駅ホームから神宮の方見るとこんもりと土手のようになってるよね。


↑左が神宮。池がある。その池の形がいかにも写真中央にある駅の方へ流れている。そして駅の反対側東南東の方向に伸びている流れの延長が竹下通り。

つまり、原宿駅は竹下通りに通じている(おそらく今も地下に流れがあるのだと思う)流れをさえぎっているかっこうだ。

地図好き必携のアプリ「東京時層地図」に収録されている明治9年〜19年のこの場所の地図を見てみよう。

IMG_5896
(国土地理院・「東京時層地図」をキャプチャ・加筆)

まだ山手線は走っていない。神宮もただの茶畑だ。しかしそんな人間の些細な営みとは関係なく、水はわき出ていて池の形もほぼ同じ。そして駅もなく、自然な形で後の竹下通りにあたる部分へ流れていっている。等高線を見るとそれがよく分かる。この時代に通りは「田」となっている。やっぱりおそらく流れがあったのだろう。

で、現在の様子を地形図で見てみると、原宿駅の「ダムっぷり」がよくわかる。

未設定
国土地理院「基盤地図情報数値標高モデル」5mメッシュSimpleDEMViewerで表示したものをキャプチャ・加筆加工)
どう見てもダムだ。原宿駅ってホームから出口まで行くとき、表参道口は階段登るのに、竹下口は階段降りるじゃないですか。あれなんでかっていうと、竹下通り口は川の底にあるからなんだね。これからは竹下通り口改札から出てくる時、ダムから放流される水の気分になってください。料金不足で自動改札機に止められるときのあれ、あれはゲートです。

いやまあ、いまや流れは地下に行っててべつにせき止めてないし、ほんとうはダムというより橋なんだけどね。でも地形図見るとすごくダムじゃないですか。

ということでタイトル「東京都心に一番近いダムは原宿にある」なのです。これがいいたかったってわけ。そう思ってみると、前出の現在の航空写真にある神宮の池は「ダム湖」に見えてくる。

って、ここまで書いといていま思ったけど、千鳥ヶ淵も実はダムなんだよね。あれは正真正銘のダム。千鳥ヶ淵が「く」の字に折れ曲がっているのは、ここで合流する川をせき止めた跡。家康が江戸に入った時にまず行ったのが飲み水の確保で「千鳥ヶ淵ダム」はそのためのインフラ工事だった。

詳しくはもちろんダムといえばこの人・萩原さんが書いているデイリーポータルZの記事(こういうのはやっぱりデイリーか)をご覧ください。

19
国土地理院「基盤地図情報数値標高モデル」5mメッシュSimpleDEMViewerで表示したものをキャプチャ・加筆加工)
同じく地形図で見るとうっすら西からかつての流れが見える。そして千鳥ヶ淵はダム湖だ。

なので、タイトル間違ったか。一番都心に近いのは千鳥ヶ淵だったか。でも原宿の方が意外性があるのでこのままにしておこう。というか、ほかにも「実はダム」っていうものが東京にはたくさんあるのではないか。調べてみよう。