以前、知り合いに「これ、大山さん好きそう!」と勧められた写真集がある。それが徳川弘樹さんの「軌道回廊」だ。
_DSC7197
昨年末のコミケでようやく入手した。いやー!これ、ほんとかっこいい!すごいよ!
■徳川弘樹さんのサイト→FilmConveyor
以前、ぼくはデイリーポータルZで「地下鉄のホームのその先」と題して、その名の通りホームの一番端っこから見えるトンネルを愛でてはどうか、という提案をしたことがある。みんなが日頃通勤通学に通っているすぐ横、ちょっと覗いてみればこういうすてきな光景があるのだ。

徳川弘樹さんの「軌道回廊」にはその光景が写真として収められているのだ。いやー、かっこいいなあ。

_DSC7211
↑今回コミケで大人気だった!行列がすごかった。そう、これは同人誌なのだ。同人誌とは思えないこのクオリティ!

_DSC7200
↑かっこいい!
_DSC7201
↑すてき!

_DSC7202
↑うひょー!

_DSC7203
↑ひゃー!

いやほんとすごい。同人誌通販するサービスでも取り扱っているらしいのでみんなも入手したらいいと思う!(←現在品切れのようです。残念)

すでに2冊出されていて、上のは2冊目。

_DSC7206
↑これ1冊目。これもほんとすばらしくて

_DSC7208
↑いいねえ…

_DSC7207
↑1冊目のほうは最初のほうにこういう地下じゃないカットもあって、どきっとした。ご本人も2冊目のほうが「前作よりハードコアになっている」とおっしゃっていましたが、2冊目のほうが徹底してクールでダイナミックな地下にフォーカスしている感じ。どちらもすてきー。

_DSC7205
↑どちらも巻末にはどこの駅で見た光景か、のインデックスがちゃんとあってほんとすばらしいと思いました。誰でも実際に見に行けるよ!

コミケでご本人とお話ししたかったんですが、大人気で行列がすごかったので挨拶程度しかできず。残念。こんどじっくりお話しを!>徳川さん

_DSC7210
↑ぼくの同人誌「工場萌えO」「ジャンクションO」とぴったり同じサイズ!(っていっても要するにA5ってだけですが)なんかうれしい。