kashima

『工場萌え』なんていう写真集も出しているぼくですが、一昨年からなぜかこの春になるとみんなで鹿島工業地域に工場を見に行くことになっているのだ。なんでだ。

というか、年末も毎年「ドボ年会」と称して同じようにバスチャーターして、もの好きなみんなで工場三昧しているんだけどね(→「「脱線する人たち」〜"ドボ年会"をやったよ!〜」参照)。ほんとなんでだ。

まあ、なんでかっていうと、もともとは「ぼくが工場見に行くからついでに行く?」って呼びかけてみたら50人とか集まっちゃったので慌ててバスをチャーターしたというもの。先日こりずにまた『工場』なんて本を出したんだけど(買ってね!)、このなかで力一杯主張したのは「工場はみんなで見に行くと楽しい!」ってこと。で、今年も鹿島行ってきました。

いやー、楽しかった。今回は動画で、そのもの好きな同好の士たちとの旅の様子をご覧いただきたい↓



ね、楽しそうでしょ?この日は天気もよくてほんとうに気持ちよかった。なんでぼくら以外に行楽客がいないのかしら!

動画の最後の夜景は砂山公園という、工場好きのために作られたとしか思えない公園からの眺め。写真で見ると、こんな感じ。

c02
巨大な集合煙突と、いかにも石油化学系らしい塔状の構造物がにょきにょき。

c01
各種タンクもかっこいい。

c03
このぐっちゃぐちゃと上部の太いパイプとのコントラスト!

_DSC3066-Panorama
全景。

また来年もやる予定ですので、興味ある方はぜひ!

以前の鹿島工場ツアーについてはデイリーポータルZでも記事にしてます→「岸壁にでっかい塩の山

そうそう、その前に行った川崎工場ツアーの様子も↓



ぼくが工場を見に行くようになったのはもう20年ぐらい前か。あのときはネットもなかったので、同好の士を集めるすべもなく、ひとりぼっちだった。いやほんと、良い時代になったなあ。

(映像製作の会社のブログに動画編集してアップするのって勇気いる!)